PHOTO

動画を再生する

Tottori Tottorisakyu

鳥取県 鳥取砂丘

PHOTO

限られた条件下で見られる
砂と風の織りなすアート。

遮るものがまったくない大きな青い空。黄土色の砂の丘に複雑に刻まれた風紋(※1)
それがひたすら続く光景はロマンティックで、ここが日本であることを忘れてしまいます。
丘をのぼれば、目の前には碧の日本海。それが地上に突如あらわれたオアシスに見えるのは、砂漠を旅するキャラバンの気分だからでしょうか。
川や波により運ばれた砂が、10万年以上のときをかけて形成した「鳥取砂丘(※2)」。
その状況は気象条件により変わるため、二度と同じものを見ることは叶わない、一瞬の芸術作品といえます。
真新しい洋服に着替えばかりのような波紋と、やさしく静かな光を受けた朝。
靴を脱いで、靴下も脱いで「失礼します」と呟きながら砂の海を歩きます。
時間が過ぎ、日が落ちると、そこは赤、オレンジに染まった180度異なる世界。
ときの移ろいとともに変わりゆく風景をアートをめでるかのごとく、楽しみながら夕暮れを待つ―。
この旅に、時計は必要ないかもしれません。

  • ※1.風によって砂地の表面にできる模様。
  • ※2.東西16km、南北2.4km に広がり、その中心部の約146ha は、海岸砂丘として国内で唯一天然記念物に指定されています。

PHOTO

Select Spot

ローカルから少し遠方まで、新発見!
瀬戸内・山陰。

古事記ゆかりの地で、感動風景に触れる
「鳥取砂丘」ロマンティックルート。

PHOTO

砂×水×人の奇跡に
釘つけになりました。

Tottori #01

砂の美術館

鳥取砂丘が“天然の芸術”であれば、こちらは人の手による“造形美”かもしれません。
「砂の美術館」は、新たな造形美としてつくり出した彫刻芸術、砂像を展示する世界で唯一の砂像専門の美術館。
砂像彫刻家として世界的に活躍する茶圓勝彦氏が総合プロデュースを務め、世界各国から砂像彫刻家を招いて、ハイレベルな砂像を展示しています。
毎年展示テーマが変わるため(※)、会期が終われば砂像は壊され、もとの砂に戻されます。儚くも美しい造形美に、人は心を奪われるのでしょうか。

  • ※2018 年4 月からの第11 期展示は「北欧」が舞台になります。

住所:鳥取市福部町湯山2083-17
時間:9:00~18:00(最終入場17:30)、土9:00~20:00(最終入場19:30)
電話:0857-20-2231
展示期間:2018年4月14日~2019年1月6日
HP:http://www.sand-museum.jp/

    • PHOTO
    • PHOTO

    「鳥取砂丘」に砂像を展示する「砂の美術館」が開設され、人の手による新しい造形美が加わったのは2006年のこと。

  • PHOTO

    「砂」を素材にした彫刻作品が展示されるのは、世界で唯一。
    毎年テーマを替えながら砂像の展示が行われています。

    • PHOTO
    • PHOTO
    • PHOTO

    このときのテーマは「砂で世界旅行・アメリカ編」。
    繊細でど迫力の砂像は、想像以上のクオリティで感動すら覚えます。

    • PHOTO
    • PHOTO
    • PHOTO
    • PHOTO

    水で押し固めた砂のかたまりを、ペインティングナイフを使って彫刻する「ミニ砂像つくり体験」は子どもたちに大人気。

  • PHOTO

    砂像は水で固めただけの砂のかたまりを彫る芸術。
    崩れやすく、その姿を永遠に維持することができない儚さが、感動につながるのかもしれません。

  • PHOTO

    2Fのバルコニーからは、鳥取砂丘とその先に広がる海を眺めることができます。

PHOTO

階段をのぼった瞬間
神聖な空気に包まれます。

Tottori #02

白兎神社

日本神話『因幡(いなば)の白うさぎ』の舞台としてゆかりのある神社。
大国主命が毛をむしり取られた白うさぎを助け、助けられた白うさぎが大国主命と八神姫との縁を取り持った…という諸説が残っています。
一歩一歩、石段をゆっくり上ってゆくと、虫の音や野鳥のさえずりが耳に心地よく、境内にたどり着く頃には清々しく晴れやかな気持ちになります。
途中、神話にも登場する「身洗ノ池(※1)」があり、皮膚病ややけどのほか、縁結び、夫婦和合にもご利益(※2)があるといわれています。

  • ※1.ワニザメをだまして毛皮をはがされた白うさぎが、体を清めたとされる池。
  • ※2.日本初のラブストーリーの発祥地「白兎」として、2010年に「恋人の聖地」に認定されました。

住所:鳥取市白兎603
時間:9:00~16:00
電話:0857-59-0047
定休日:無休
HP:https://hakutojinja.jp/

    • PHOTO
    • PHOTO

    『古事記』『日本書紀』に登場する神話・大黒様と白うさぎで有名な神社で、うさぎに鎮座する縁結びのパワースポット。

    • PHOTO
    • PHOTO

    鳥居をくぐって参道を進むと、さまざまなポーズのうさぎの像が見えます。
    跳びはねたり走ったり立っていたり、一つひとつが愛らしい。

  • PHOTO

    振り返ると、白うさぎがいたとされる「白兎海岸」が。
    夏は海水浴場としてにぎわい、夕日の美しいスポットとしても人気を集めます。

  • PHOTO

    白うさぎが傷口を洗い、治療したといわれる「身洗ノ池」。
    この言い伝えから、皮膚病ややけどなどにも効く神社として信仰されています。

    • PHOTO
    • PHOTO

    自然林に包まれた参道も境内も神秘的。
    透き通った空気を感じる場所で、人工的な音が何も聞こえません。

    • PHOTO
    • PHOTO
    • PHOTO
    • PHOTO
    • PHOTO

    社務所には、縁結びにまつわるものやうさぎモチーフのお守りや、ハート型や神話をモチーフにした絵馬が並びます。

    • PHOTO
    • PHOTO
    • PHOTO

    「縁」と書かれた結び石(一袋500円)。
    投げて鳥居に乗せると、願いごとが叶うといわれています。

  • PHOTO

    景色を眺めたり、気に入った大木にそっと触れてみたり、深呼吸してみたり。
    気の流れを感じながら、リラックスすると吉。

  • PHOTO

    白うさぎは大国主命と八上姫の縁をとりもったことから、縁結びの神様として人気があります。
    かわいいうさぎに、恋の願いを叶えてもらいたい。

PHOTO

青×白のコントラストが輝く
砂浜でコーヒーブレイクを。

Tottori #03

すなば珈琲 道の駅神話の里 白兎店

鳥取県に多数展開する「すなば珈琲」。近年は鳥取の新しい名所として、県外の旅人からも注目を集めています。
中でも、縁結びの神様といわれる「白兎神社」の目と鼻の先、「道の駅神話の里 白うさぎ」の一角にあるこちらは、テイクアウト専門店。
ドライブがてら立ち寄るのはもちろんのこと、せっかくなら白兎海岸でコーヒーブレイクはいかがでしょうか?
広大な海に降り注ぐ太陽、かすかな潮の香りに包まれると、いつしか心はいにしえの因幡の国へと飛んでいくはずです。

住所:鳥取市白兎613
時間:10:00~16:00
電話:0857-59-6700
定休日:無休
HP:http://www.sunaba.coffee/

    • PHOTO
    • PHOTO

    道の駅神話の里白兎店では、定番のコーヒー(350円)、水出しアイスコーヒー(400円)、キャメルウィンナーコーヒー(450円)などを、テイクアウトスタイルで提供。

    • PHOTO
    • PHOTO
    • PHOTO
    • PHOTO
    • PHOTO

    陸橋を渡って、すぐ目の前に広がる「白兎海水浴場」で、青く澄んだ海を眺めながらコーヒーブレイクを楽しむことも。

  • PHOTO

    水出しアイスコーヒーは程よい酸味が心地よく、香り高い上品な味わい。
    テイクアウトながら本格的なおいしさを堪能できます。

  • PHOTO

    240度に熱した鳥取砂丘の砂を使い、独自の技術で焙煎された砂焼きコーヒー(600円)。
    程よい苦みとまろやかな味わいが特徴で、口に含んだ途端芳香な香りが広がります。

  • 鳥取砂丘
  • 砂の美術館
  • 白兎神社
  • すなば珈琲 道の駅神話の里 白兎店
このエリアの「感動の瞬間」はこれ!

足跡がない早朝が狙い目!「鳥取砂丘 風紋」

PHOTO

前夜に吹いた風速5~6m以上の風が、砂地にさざなみのような美しい「風紋」を描きます。その芸術品とも言える景観は見る人の心を魅了します。

見ごろの時期・時間

時期:通年
時間:早朝(6:00~7:00頃)
天気:晴れ曇り

住所 鳥取県鳥取市福部町湯山
アクセス方法 JR鳥取駅から車で約15分
問合せ先 名称:鳥取市観光案内所/電話:0857-22-3318
おすすめの宿泊地 鳥取、岩井温泉

JTB「感動の瞬間」公式サイトへ

トップページへ戻る

CLOSE