PHOTO

動画を再生する

Tottori Uradomekaigan

鳥取県 浦富海岸

PHOTO

青い海×美しい岩。
それは、
自然がつくり出した奇跡。

海岸線沿い(※)に出向くと、世にも不思議な景色が現れました。
見渡すかぎり広がるターコイズブルーの海に、ぷかぷかと浮かぶ奇岩、洞門、洞窟―。
あたかも遠くの海から漂流してきたかのような錯覚を覚えますが、これらは太古の時代、長い歳月をかけて地殻変動と波による浸食を繰り返し、現代の形になりました。
いわば自然がつくり上げた、壮大な彫刻群なのです。
カヤックに乗って奇岩に近づくと、息をのむほどの圧倒的な造形美に、とてつもないパワーを感じます。
絶景にもいろいろなタイプがありますが、言葉を失うのは、人工物ではなく自然がつくり出したものなのだと。映画のワンシーンのようなアナザーワールドが、日本にもあるんだって、心に突き刺さるのはこういうところだと―。
さまざまな感情が湧き上がる光景が、そこには広がっています。
もしかすると現在の風景も、46憶年の地球の歴史からすれば、ほんの一瞬の姿なのかもしれません。

  • ※陸上岬から駟馳山までの、約15kmにわたるリアス式海岸。

PHOTO

Select Spot

ローカルから少し遠方まで、新発見!
瀬戸内・山陰。

海も、山も、空も5つ星級の美しさ。
自然と溶け合う「浦富海岸」絶景ハイライト。

PHOTO

賞味期限はたったの10分。
ここだけで味わえる幸福感。

Tottori #08

大江ノ郷自然牧場

緑あふれる山奥に、突如現れるモダンな建物。
ここは、「ホンモノのおいしさは、安心の上で成り立つ」を信条に、一人の養鶏家が生み出した平飼い卵「天美卵」と、天美卵を使ったパンやスイーツで愛される“農と食のナチュラルリゾート”です。
名物は、卵本来のおいしさを生かす製法でつくられた「パンケーキ」。
ハリとコシのあるメレンゲで膨らんだきめの細かな生地が、口の中でやさしい風味を残しながら、シュワシュワ溶けてなくなる“新体験”を楽しんで。

住所:八頭郡八頭町橋本877
時間:10:00~18:00
電話:0570-077-505
定休日:1 月 1・2 日休
HP:http://www.oenosato.com/

    • PHOTO
    • PHOTO

    「大江ノ郷ヴィレッジ」のエントランスでは、牧場のアイドル・やぎのココちゃんが迎えてくれます。

    • PHOTO

    子どもから大人まで楽しめる体験教室も開催。
    自らの手でつくったパンやスイーツは、おいしさもひとしおです。

    • PHOTO
    • PHOTO

    目の前でつくられるパンやスイーツが気軽に楽しめる1F。
    まるで屋台を訪れたような、ワクワクする感覚が味わえます。

    • PHOTO
    • PHOTO

    ガラス張りの店内からは新緑に包まれる春、青がさわやかな夏…というように、季節の移ろいを感じることができます。

    • PHOTO
    • PHOTO
    • PHOTO

    2Fは卵を使った料理やスイーツが堪能できるレストラン。
    オープンキッチンから漂う、料理の香ばしい香りに思わず笑顔。

  • PHOTO

    角が立つまで泡立てた、真っ白な卵白がふわふわ食感の決め手。
    気泡がこわれないように、丁寧に粉と混ぜていきます。
    注文を受けてから焼くため、20分はかかるそう。

    • PHOTO
    • PHOTO

    口に入れた途端、淡雪のように溶けるパンケーキ。
    コクのあるバターがおいしさを引き立てて。

  • PHOTO

    華やかなパンケーキも好き! ですが、一周まわって心惹かれるのが、バターとミルクと卵と小麦粉だけの究極にシンプルな癒し系。大江ノ郷パンケーキ702円。

  • PHOTO

    すべての原点でもある卵。
    ストレスを与えないことを最優先に考え、平飼いしたニワトリの卵は、クリアで濃厚な味わいが特徴。

    • PHOTO
    • PHOTO
    • PHOTO

    大自然の澄んだ空気の中、農と食の魅力に触れられるナチュラルリゾート。
    敷地内には「大江ノ郷ヴィレッジ」とパンケーキカフェ「ココガーデン」があります。

    • PHOTO
    • PHOTO

    生姜をはじめ、鳥取県産の素材を中心につくる季節の牧場ジェラート(ダブル420円)。

PHOTO

ピンク一色に染まる駅舎は
まさに“珍スポット”です。

Tottori #09

恋山形駅

長い長い旅をして、ようやく降り立った駅がこんな光景だったら―。
京阪神と鳥取を結ぶ智頭急行智頭線。実は、その途中に普通列車に乗車すれば巡り合える、レアな光景があります。
こちらは、駅名に「恋」がつく全国に4つしかない駅(※1)のひとつ「恋山形駅」。
2013年に「恋」にあやかり、駅舎を真っピンクに衣替えしてリニューアルオープンしました(※2)
その後も、2周年に「恋がかなう鐘」、3周年に「恋ポスト」、4周年に「恋ロード」…と進化を遂げ、県内屈指のパワースポットになっています。

  • ※1.そのほか「恋」のつく駅は、JR北海道・母恋駅(ぼこいえき)、三陸鉄道・恋し浜駅(こいしはまえき)、西武鉄道・恋ヶ窪駅(こいがくぼえき)。
  • ※2.駅名に恋がつく駅を持つ鉄道会社が“恋”をテーマに連携し、地域の活性化を図ろうと立ち上げた恋愛プロジェクト。

住所:八頭郡智頭町大内159-3
電話:0858-75-2595(智頭急行運輸部)
HP:https://www.chizukyu.co.jp/

    • PHOTO
    • PHOTO
    • PHOTO

    2017年4月30日に新設された「恋ロード」を上ると、真っピンクのホームが見えてきます。
    恋のホットスポットになっています。

  • PHOTO

    緑に囲まれた中でひときわ映える鮮やかなピンク。
    ただただハッピーになれる珍景といっても過言ではありません。

  • PHOTO

    2016年6月に設置された「恋ポスト」。
    投函すると近くの「山形郵便局」に届けられ、ハート型の風景印が押されます。
    旅情感とともに、気持ちが伝えられる“究極のラブレター”かもしれません。

    • PHOTO
    • PHOTO
    • PHOTO
    • PHOTO
    • PHOTO

    ホームに入るとまず目に留まるのは、ハートのモニュメント。
    恋の字の点の部分にハート型のくぼみがあり、ここに智頭急行が販売している絵馬をはめると運気アップ。
    恋が叶う鐘を鳴らすのも忘れずに。

    • PHOTO
    • PHOTO
    • PHOTO
    • PHOTO

    駅舎内はピンク一色でハートがいっぱい。
    縁結び、恋愛成就のパワースポットとして、訪れる人が絶えません。

  • PHOTO

    足もとのハートマークが、フォトスポットの目印。
    セルフタイマーで撮影できるよう、フォトスタンドも設置されています。

    • PHOTO
    • PHOTO

    無人駅で券売機もなく、停車するのは普通列車のみ。
    通過するのではなく、わざわざ立ち止まって記録したい、そんな光景です。

  • 浦富海岸
  • 大江ノ郷自然牧場
  • 恋山形駅
このエリアの「感動の瞬間」はこれ!

神秘的な雰囲気を体感「龍神洞」

PHOTO

羽尾岬の先端の二つの洞窟は、奥行150mにおよぶ海食洞。海水は美しい緑色でその雰囲気は龍神の名にふさわしい名所です。

見ごろの時期・時間

時期:4月~9月
時間:日中

住所 鳥取県岩美郡岩美町羽尾
アクセス方法 JR鳥取駅より車で約30分
おすすめの宿泊地 鳥取、岩井温泉

JTB「感動の瞬間」公式サイトへ

トップページへ戻る

CLOSE