360度動画のVR&飛び出るARとリアルが融合する
新しいバスツアー
『やんばる探検どきどきツアー』を初体験!

#02

リアルとITツールでわくわく体験ツアー

沖縄本島北部の「やんばる三村」と呼ばれる東村(ひがしそん)〜大宜味村(おおぎみそん)〜国頭村(くにがみそん)を巡る、新しい観光バスツアーを体験してきました! 何が新しいのかというと? それはタブレット端末も併用して、360度動画とか飛び出るARとかちょっと近未来的なツアーでした!

そして最新IT技術だけでなく、ツアー全体を面白く盛り上げてくれるのはツアーガイドさんでした。人なつっこい人柄と、ユーモアたっぷりなトークでバスの中が和やかな雰囲気になり、楽しませてくれます。これはいくらAIとかIT技術が発達しようと、やっぱり血の通った人間の交流は大切だと思いました。リアルとテクノロジーが融合した楽しい観光バスの旅になりましたよ。

やんばるの海・川・山を満喫!

このバスツアーで最初にたどり着いたのは、大宜味村の塩屋湾(しおやわん)でした。塩屋湾にまつわる「世界初」のお話を聞いたりしながら、心地よく吹いてくる海風を感じたりしました。おだやかな入江がとても美しかったです。

次に到着した場所は、ガイドさんのとっておきの場所をご紹介してくれました。大宜味村の七滝(ななたき)。地域の聖地の中にあって、厳かな雰囲気があります。山の頂上から滝壺へと降り注がれるマイナスイオンをたっぷりと浴びて気持ちが良かったです。

バスに戻ってくると「七滝の水」が参加者全員に配られました。ちょうど喉が渇いていたので身体においしく染み渡りました!そしてナイスタイミングな気配りに感謝です!

沖縄の野生生物について楽しく学ぶ

次にタブレット端末を使って、このエリアに生息する野生生物についてARコンテンツを楽しんだりしながら楽しく学習~。たとえばヤンバルクイナなど、やんばるには固有種がいっぱいいるんです!

タブレット端末の図鑑の中だけでなく、本物のヤンバルクイナと会いたくなってきました。このツアーでは国頭村の安田(あだ)にあるヤンバルクイナ生態展示学習施設に立ち寄るので、ヤンバルクイナと会えるチャンスが巡ってきました。そして今回、ラッキーにも見ることができて感激です! 2本足でトコトコと歩く姿は愛嬌があってかわいかったですよ。

やんばるの森を360度体感

さらに、やんばるを満喫するツールとして、360度動画でVR体験です!タブレット端末は座席シートから脱着できるので、上下左右に動かしながら、やんばるの森をヴァーチャル体験してみました。これなら天候にも影響されず、椅子に座ったまま安全に楽して森の中を散策体験することができ、ゲーム感覚で楽しかったです。

ツアー後半では、リアルなやんばるの森を一望できる場所に途中下車。豊かな緑を眺めながら深呼吸してみました。綺麗な空気を吸いながら、また明日への活力をチャージすることができました。今回は所要時間2時間半のコースだったが、あっという間に感じるほどに楽しいツアーでした。新しいツールを使いながらガイドさんの話を聞いたり、豊かな自然に触れることができたのはとても良い体験になりました!

SPOT MAP

トップへ戻る