PHOTO

動画を再生する

Yamaguchi Karatoichiba

山口県 唐戸市場

PHOTO

「活気」と「新鮮」に
出逢うならここ。

よそ行きではない、現場の人々の暮らしぶりや生活の息づかいを直接感じたくて、市場に出向きました。
三方を海にかこまれた下関は、四季を通して海鮮の宝庫。
ここ「唐戸市場」には、目の前の海から運ばれてきた極上の魚介が一堂に会します。
午前9時近くになると、寿司や海鮮丼、郷土料理が一斉に並び(※)、おいしそうな匂いに誘われて、多くの人々が集まってきます。
日本はもとより、世界各国から新鮮な魚を求めて訪れる旅人たち。
そして、プライドを持って旬の魚を提供する店主たち―。
市場にはさまざまな人との出会いがあり、人生を豊かにするエッセンスが詰まっているのだと気づきます。
その後、市場は閉店時間まで人々の熱気であふれかえります。
ここは、下関で最も「楽」と「食」が集結している場所、といっても過言ではありません。

  • ※金土日祝日限定。

PHOTO

Select Spot

ローカルから少し遠方まで、新発見!
瀬戸内・山陰。

美味が集まる海峡の町「下関」。
潮風に包まれながら、名物“ふく探し”。

PHOTO

海鮮好きにとって
「夢の国」
かもしれません。

Yamaguchi #08

唐戸市場のふく

江戸時代初期から海陸交通の要衝として発達した港町・下関。
特に唐戸地区は、歴史的建造物が多数残り、レトロな街歩きへと繰り出すことができます。
そんな、下関の街を目で楽しんだあとは、この地ならではの味を舌で楽しんでみては。
最初に味わいたいのが、ふく料理。
有名なふく刺しはもちろんですが、地元の食通のあいだでは「ふく寿司」が好評です。
淡白ながら旨みの強いふぐと、シャリの相思相愛ぶりは想像以上。

住所:下関市唐戸町5-50
時間:市場 5:00~15:00、日祝日8:00~15:00※店舗により異なる
   活きいき馬関街(飲食イベント)金土10:00~15:00、日祝日 8:00~15:00※ネタ切れ次第 終了
電話:083-231-0001
定休日:不定休

    • PHOTO
    • PHOTO
    • PHOTO

    関門海峡をのぞむベイエリアに位置。
    関門の台所であり、ふくの市場、鯛やハマチの市場として有名です。

    • PHOTO
    • PHOTO

    新鮮なネタのにぎり寿司や海鮮丼など、地魚の魅力に触れられます。
    しかもすべてがリーズナブル。

    • PHOTO
    • PHOTO
    • PHOTO
    • PHOTO

    天気のよい日は、寿司や海鮮丼をテイクアウトし、関門海峡や関門橋を眺めながら味わうのもいいものです。

  • PHOTO

    海や漁師や職人技に思いを寄せながら、人でにぎわう市場をぶらり。
    料理法を聞くのも楽しい。

  • PHOTO

    「柳川水産」で出会ったふく寿司。
    かたまりをひと口でいけば、ふくの甘み・旨みであふれかえります。

PHOTO

この地に立つと
決闘の熱気を
ひしひしと感じます。

Yamaguchi #09

巌流島(船島)

宮本武蔵と佐々木小次郎がこの島で決闘したのは、慶長17(1612)年4月13日のこと。このとき敗れた小次郎の流派「巌流」から名をとり、「巌流島」と呼ばれるようになりました。現在は、観光周遊船(※)が発着する桟橋をはじめ、散策道、休憩所が整備され、決闘地を連想させる武蔵・小次郎両雄のモニュメントも設置されています。また、島から眺める関門海峡の雄大な景観は特筆もので、潮風に吹かれながらのんびりと散策を楽しむことができます。

  • ※唐戸市場の目と鼻の先、唐戸桟橋から約10分。

住所:下関市大字彦島字船島648
電話:083-231-1838(下関市役所 観光施設課)

    • PHOTO
    • PHOTO
    • PHOTO

    ポツンと浮かぶ島には、唐戸市場から徒歩すぐ「唐戸桟橋」から連絡船で出向くことができます。
    乗船時間約10分と、近くて便利なことから下関屈指の観光スポットに。

    • PHOTO

    巌流島は「船島」が正式名称で、神様が祀られているのがここ「舟島神社」です。
    島に到着したら、まずは島の神様にお参りを。

    • PHOTO

    船を下りると、最初に出会うモニュメント「巌流島文学碑」。
    画家・古館充臣氏が描いた武蔵と小次郎のイラストと、村上元三氏作「佐々木小次郎」の一説が刻まれています。

    • PHOTO
    • PHOTO

    東側は散策道や休憩所などが整備されており、1時間余りで島一周を散策することができます。

    • PHOTO
    • PHOTO

    雄大な関門海峡と海を眺めながら、武蔵と小次郎の戦いに思いを巡らせるものもいいものです。

    • PHOTO
    • PHOTO
    • PHOTO

    展望広場に建てられている「武蔵・小次郎像」はフォトスポット。
    武蔵像は2003年4月、小次郎像は2002年12月に建立されました。

  • 下関
  • 唐戸市場のふく
  • 巌流島(船島)

トップページへ戻る

CLOSE